症例報告やプロトコル設定を検索できます。

造影剤と画像診断情報サイト Bayer-Radiologyに掲載しているすべての症例報告や
プロトコルデータを検索いただけます。

症例報告

お気に入り
役に立った 1

プライマリータブ

カテーテルアブレーション前の左心房、肺静脈造影検査

山形大学医学部附属病院
放射線診断科 医師:木村 雅俊 先生 / 放射線部 診療放射線技師:佐藤 俊光 先生
  • ご紹介する症例は臨床症例の一部を紹介したもので、全ての症例が同様な結果を示すわけではありません。
  • 効能又は効果、用法及び用量、警告、禁忌等を含む使用上の注意につきましては、添付文書をご参照ください。
Content

Title

はじめに

Reference Paragraph
Body content

患者背景

60歳代、男性、71kg、長期持続性心房細動、慢性心不全

Body content

検査目的

長期持続性心房細動に対するカテーテルアブレーション術前の左心房、肺静脈造影目的で造影CTを施行した。

使用造影剤

イオパミロン注370 シリンジ・20mL、TBT法のプレテストボーラスで7mL

Title

症例解説

Reference Paragraph
Body content

8年前から心房細動あり、近医で加療されていたが、カテーテルアブレーション術の希望あり、当院循環器内科を紹介受診した。
術前の心臓CTが施行され、左心耳に造影不良域を認めた。左心耳に造影不良域を認めることはまま見られるが、造影剤のflowによる造影不良域としては不自然な形態で、左心耳血栓が疑われた。後日施行されたUS、MRIでは明らかな左心耳血栓は認めなかった。

Title

画像所見

Reference Paragraph
Image List
Image
Image Title
図1:左心房、肺静脈造影 水平断像
Image Caption
左心耳に造影不良域を認める。辺縁はやや不整である。
Image
Image Title
図2:左心房、肺静脈造影 冠状断像
Image Caption
左心耳に造影不良域を認める。
Image
Image Title
図3:左心房、肺静脈造影、3D再構成、背面位
Image Caption
左心房、肺静脈を再構成し、狭窄や破格の有無を立体的に把握する。

Title

撮影プロトコル

Reference Paragraph
Body content
使用機器

CT機種

SOMATOM Definition Flash / シーメンスヘルスケア

ワークステーション

Ziostation2 / ザイオソフト

撮影条件

撮影時相

動脈相

管電圧 (kV)

80kV(CARE kV Semi Auto)

AEC

AECの設定

ref.mAs 120kV 160mAs

ビーム幅

38.4mm×2

撮影スライス厚 (mm)

0.6mm

焦点サイズ

1.2

スキャンモード

Dual Source

スキャン速度 (sec/rot)

0.28

ピッチ

3.2

スキャン範囲

気管分岐部から心臓下端

撮影時間 (sec)

0.55sec

撮影方向

頭⇒足
再構成
条件

 

動脈相

ルーチン:再構成スライス厚/間隔 (mm/mm)

1mm/1mm

ルーチン:再構成関数/逐次近似応用法

I31f/SAFIRE4

3D/MPR用:再構成スライス厚/間隔 (mm/mm)

1mm/0.5mm

3D/MPR用:再構成関数/逐次近似応用法

I26f/SAFIRE4
造影条件

 

動脈相

自動注入器機種名/メーカー名

デュアルショットGX7 / 根本杏林堂

使用造影剤

イオパミロン注370 シリンジ

造影剤:投与量

注入速度×5秒 (mL)

造影剤:注入速度、注入時間

注入速度:除脂肪体重×0.07(mL/sec)

生食:投与量

体重(kg)×0.4(mL)

生食:注入速度、注入時間

造影剤の注入速度と同様

スキャンタイミング

 TBT法*1
  • ROI位置:左心房
  • プレテストボーラスの造影剤量:注入速度×2秒 (mL)
  • インターバル:7秒

ディレイタイム(sec)

14sec

留置針サイズ (G)

22G

注入圧リミット (psi or kg/cm2)

10kg/cm2

*1:TBT法(Test Bolus Tracking法)

Title

心臓CTの撮像プロトコル設定について

Reference Paragraph
Body content

造影剤投与法

冠動脈評価目的の検査では主に100kVを使用し、造影剤はTBT法にて投与し、フローレートは除脂肪体重×0.068(mL/s)とし、13秒間注入後生食を後押ししている。高体重の場合は120kVを使用し、フローレートは除脂肪体重×0.075(mL/s)としている。

撮影法

冠動脈評価目的の検査では主に心電図同期によるプロスペクティブのstep and shoot法にて行っているが、高度の不整脈の場合にはレトロスペクティブのヘリカルスキャンにて行う場合もある。また、動きの少ない画像、被ばく低減を目的に心拍数65以上の場合にはβブロッカーを投与している。
カテーテルアブレーション治療前の左心房および肺静脈の撮影では両上肢挙上、非心電図同期での撮影であるため高体重の場合でも80kVを使用し、デュアルソースCTによる高速二重ヘリカルスキャンにて撮影を行っている。

Title

イオパミロン注370シリンジ製剤について

Reference Paragraph
Body content

心臓CTでは血管径の細い冠動脈を目的とするため、造影剤の注入速度が上げる必要がある。そのため中濃度造影剤と比較し高濃度造影剤では造影剤注入速度を抑えることが可能である。そのため当院では心臓CTの際、血管確保する針径もすべてにおいて20Gではなく、高体重でないときは主に22Gを使用している。

Title

撮影プロトコルについての解説

Reference Paragraph
Body content

頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療前に左心房および肺静脈の撮影を行い、Electro-ana-tomical mappingシステムへの画像提供、3D画像作成による形態把握をしている。造影剤は循環器内科医師と相談の上、左心房および肺静脈だけを選択的に造影することによってプレテストボーラスを含め30mL前後である。また、低電圧を使用し、逐次近似応用再構成によって造影効果を維持しながら当院の肺がんCT検診より低い被ばく線量で撮影している。また、デュアルソースCTによる高速二重ヘリカルスキャンにより心電図非同期ながら心臓の動きが抑えられた画像を提供している。

Body content


Avanta

CF Number
PP-IOP-JP-1227-30-11

    おすすめ情報

    岩手大学医学部附属病院
    放射線医学講座 折居 誠 先生 / 中央放射線部 上山 悠太 先生、佐々木 彰宣 先生、菊地 啓 先生、工藤 大和 先生
    Aquilion ONE Canon(Toshiba)
    岩手大学医学部附属病院
    放射線医学講座 折居 誠 先生 / 中央放射線部 上山 悠太 先生、佐々木 彰宣 先生、菊地 啓 先生、工藤 大和 先生
    Aquilion ONE Canon(Toshiba)
    岩手大学医学部附属病院
    放射線医学講座 折居 誠 先生 / 中央放射線部 上山 悠太 先生、佐々木 彰宣 先生、菊地 啓 先生、工藤 大和 先生
    Aquilion ONE Canon(Toshiba)
    松江市立病院
    放射線部 技師: 多田 佳司 先生、岩坂 徹 先生、大岡 敏彦 先生 / 放射線科 医師: 堀 郁子 先生
    Aquilion ONE NATURE Edition Canon(Toshiba)
    トヨタ記念病院
    放射線科 澤 貴司 先生
    Aquilion CXL Canon(Toshiba)
    トヨタ記念病院
    放射線科 澤 貴司 先生
    Aquilion CXL Canon(Toshiba)
    大阪警察病院
    循環器内科 市堀 泰裕 先生 / 放射線技術科 平山 崇光 先生
    Revolution CT GE
    岩手医科大学附属病院 循環器医療センター
    放射線部 千葉 工弥 先生、佐々木 彰宣 先生、佐々木 忠司 先生
    Aquilion ONE Canon(Toshiba)
    大阪警察病院
    循環器内科 市堀 泰裕 先生 / 放射線技術科 永森 嵩士 先生
    Revolution CT GE
    大阪警察病院
    循環器内科 市堀 泰裕 先生 / 放射線技術科 永森 嵩士 先生
    Revolution CT GE
    榊原記念病院
    医師:放射線科 髙田 香織 先生、技師:放射線科 水野 直和 先生
    MAGNETOM Symphony Siemens
    岩手医科大学附属病院 循環器医療センター
    医師:循環器放射線科 田中 良一 先生、技師:放射線部 菅原 毅 先生
    Signa HDxt GE
    福岡大学病院
    平田 巧 先生
    Aquilion ONE ViSION Edition Canon(Toshiba)
    自治医科大学附属さいたま医療センター
    紙 恭子 先生
    Aquilion ONE Canon(Toshiba)
    京都府立医科大学
    加藤 康雄 先生
    Aquilion ONE ViSION Edition Canon(Toshiba)
    山梨大学医学部附属病院
    相川 良人 先生
    Aquilion ONE Canon(Toshiba)
    横須賀共済病院
    吉儀 淳 先生
    Aquilion CX Canon(Toshiba)
    名古屋大学医学部附属病院
    堤 貴紀 先生
    SOMATOM Definition Flash Siemens
    京都府立医科大学
    放射線技術課 大澤 透 先生
    Aquilion ONE ViSION Edition Canon(Toshiba)
    帯広厚生病院
    高橋 靖智 先生
    Brilliance iCT Elite Philips
    横須賀共済病院
    吉儀 淳 先生
    Aquilion CX Canon(Toshiba)
    北海道大学病院
    笹木 工 先生
    Aquilion ONE ViSION Edition Canon(Toshiba)
    さいたま赤十字病院
    森田 寿 先生
    Brilliance iCT 256列 Philips
    自治医科大学附属病院
    国府田 哲弘 先生、松枝 勝浩 先生
    SOMATOM Definition Flash Siemens
    さいたま赤十字病院
    森田 寿 先生
    Brilliance iCT 256列 Philips
    榊原記念病院
    循環器内科, 放射線科 浅野 竜太 先生、井口 信雄 先生、歌野原 祐子 先生、水野 直和 先生、芝田 愛梨 先生、丹羽 辰徳 先生、武田 和也 先生
    SOMATOM Definition Flash Siemens
    国保旭中央病院
    診療部 放射線科 中川 達生 先生 / 診療技術部 放射線科 佐藤 富美夫 先生
    Aquilion ONE Canon(Toshiba)
    榊原記念病院
    循環器内科, 放射線科 浅野 竜太 先生、井口 信雄 先生、歌野原 祐子 先生、水野 直和 先生、芝田 愛梨 先生、丹羽 辰徳 先生、武田 和也 先生
    SOMATOM Definition Flash Siemens
    国保旭中央病院
    診療部 放射線科 中川 達生 先生 / 診療技術部 放射線科 佐藤 富美夫 先生
    Aquilion ONE Canon(Toshiba)