症例報告やプロトコル設定を検索できます。

造影剤と画像診断情報サイト Bayer-Radiologyに掲載しているすべての症例報告や
プロトコルデータを検索いただけます。

症例報告

お気に入り
役に立った 6

プライマリータブ

肺動脈血栓・深部静脈血栓の検出にデュアルエネルギーCTが有用であった一例

山形県立中央病院
放射線科 森岡 梢 先生、本間 次男 先生 / 放射線部 今野 雅彦 先生、荒木 隆博 先生
  • ご紹介する症例は臨床症例の一部を紹介したもので、全ての症例が同様な結果を示すわけではありません。
  • 効能又は効果、用法及び用量、警告、禁忌等を含む使用上の注意につきましては、添付文書をご参照ください。
Content

Title

はじめに

Reference Paragraph
Body content

患者背景

80歳代、女性、45kg、肺動脈血栓・深部静脈血栓

Body content

検査目的

肺炎、心不全で入院中に、D-ダイマーの経時的な上昇を認めたため、肺動脈血栓・深部静脈血栓が疑われ、造影CTを施行した。

使用造影剤

イオパミロン注300シリンジ /90mL

Title

症例解説

Reference Paragraph
Body content

肺炎、心不全で入院中に、D-ダイマーの経時的な上昇を認めたため、デュアルエネルギーCTを施行した。造影CTで両側肺動脈血栓、両側深部静脈血栓を認めた。ヨード密度値の計測結果においても、肺動脈塞栓領域では血流の低下が認められた。静脈血栓塞栓症治療薬(エドキサバントシル酸塩水和物)の投与により、2週間後のフォローアップCTでは肺動脈血栓・深部静脈血栓は縮小・不明瞭化している。肺炎、心不全に関しても抗生剤と利尿剤の投与で改善した。

Title

画像所見

Reference Paragraph
Image List
Image
Image Title
図1:肺動脈相(70keV:120kVp相当)
Image Caption
70keV縦隔条件:右下葉に23mm程度の血栓による閉塞部位を認める。
Image
Image Title
図2:肺動脈相(70keV:肺野条件)
Image Caption
70keV肺野条件:血流低下領域の判定は難しい。
Image
Image Title
図3:物質密度(MD)画像:ヨード密度画像
Image Caption
ヨード密度画像:右下葉に血流低下領域が明瞭に描出される。
Image
Image Title
図4:ヨード密度カラー画像
Image Caption
ヨード密度カラー画像:カラー表示により、血流低下領域がより明瞭に描出される。
Image
Image Title
図5:2週間後フォローCT:ヨード密度画像
Image Caption
ヨード密度画像:静脈血栓塞栓症治療薬(エドキサバントシル酸塩水和物)の投与を開始し、2週間後のフォローアップCTでは、右下葉の血流が改善している。
Image List
Image
Image Title
図6:ヨード密度値を用いた血流評価
Image Caption
静脈血栓塞栓症治療薬(エドキサバントシル酸塩水和物)の投与によって、閉塞部位の血流の改善がはかられ、ヨード密度値が上昇を示した。
Image List
Image
Image Title
図7:平衡相(70keV:120kVp相当)
Image
Image Title
図8:平衡相(55keV)
Body content

深部静脈血栓症に対して、55keVの画像再構成を行うことで、造影剤のCT値は上昇し、血栓と造影剤のコントラストが改善するため、リング状の血栓像が明瞭に観察できるようになった。

Image List
Image
Image Title
図9:電圧(keV)変化に伴うCT値の変動:深部静脈血栓症
Image Caption
55keVの画像再構成を行うことにより、造影剤のCT値は50%増加する。
この結果より、55keVを用いると33%程度の造影剤量の低減が可能と考える。

Title

撮影プロトコル

Reference Paragraph
Body content
使用機器

CT機種

Revolution Frontier/GE ヘルスケア・ジャパン

ワークステーション

AW server 3.2/GEヘルスケア・ジャパン

撮影条件

撮影時相

肺動脈相

平衡相

管電圧 (kV)

80/140 80/140

AEC

なし なし

管電流時間 (Eff.mAs)

375mA 550mA

ビーム幅

40mm 40mm

撮影スライス厚 (mm)

0.625 0.625

焦点サイズ

1.2 1.2

スキャンモード

Helical Helical

スキャン速度 (sec/rot)

0.7 0.8

ピッチ

0.984 1.375

スキャン範囲

肺尖から肺下縁 肝上縁から下腿

撮影時間 (sec)

5.2 12.8

撮影方向

頭⇒足 頭⇒足
再構成
条件

 

肺動脈相

平衡相

ルーチン:再構成スライ
ス厚/間隔 (mm/mm)

1.25/1.0 1.25/1.0

ルーチン:再構成関数/
逐次近似応用法

Standard/ASiR-V 30% Standard/ASiR-V 20%

3D/MPR用:再構成スラ
イス厚/間隔 (mm/mm)

1.25/1.0 1.25/1.0

3D/MPR用:再構成関数
/逐次近似応用法

Standard/A-SiR-V 30% Standard/A-SiR-V 20%

仮想単色X線画像

70keV 55keV

物質密度画像

Iodine(Water)
造影条件  

肺動脈相

平衡相

自動注入器機種名/メーカー名

Stellant D Dual Flow/バイエル薬品

使用造影剤

イオパミロン注300 シリンジ

造影剤:投与量

90mL

造影剤:注入速度、注入時間

2.5mL/s, 36sec

生食:投与量

なし

生食:注入速度、注入時間

なし

スキャンタイミング

固定法

ディレイタイム

30sec

留置針サイズ (G)

22G

注入圧リミット (psi)

150 psi

Title

撮影プロトコルについての解説

Reference Paragraph
Body content

造影プロトコルはガイドラインに従った標準的なものである。肺動脈塞栓症に対して、デュアルエネルギーCTの特長である物質密度(ヨード密度)画像を用いて、ヨード造影剤の分布を画像化し、血流低下領域を識別することができる。また、深部静脈血栓症に対して、静脈の造影剤濃度を十分に上昇させる目的で、55keVの画像再構成を使用している。デュアルエネルギーCTはCT値をコントロールできるため、さらなる造影剤の注入量低減が可能となる。

CF Number
PP-IOP-JP-1153-11-09

    おすすめ情報

    東京医科大学病院
    放射線科 桝野 龍平 先生
    Revolution CT GE
    国保中央病院
    放射線科 髙谷 英明 先生 / 市村 賢一 先生 / 船戸 泰希 先生 / 藤谷 明子 先生 / 旭 合力 先生 / 川﨑 祐樹 先生 / 早川 卓位 先生
    Aquilion Prime SP Canon
    愛媛大学医学部附属病院
    放射線科 田邊 裕貴 先生 / 診療支援部 診療放射線技術部門 西山 光 先生 / 愛媛大学大学院 医学系研究科 放射線医学 城戸 輝仁 先生
    Aquilion ONE NATURE Edition Canon
    茨城県立中央病院
    放射線診断科・IVR 榎戸 翠 先生 / 加賀屋 駿 先生 / 吉田 美貴 先生 / 児山 健 先生<br> 放射線技術科 町田 直希 先生 / 石塚 亘 先生 / 古橋 愛海 先生 / 鈴木 あゆみ 先生 / 山田 公治 先生 / 飯田 修一 先生
    SOMATOM Definition Flash Siemens
    岐阜大学大学院
    医学系研究科生体管理医学講座 放射線科医学分野<br>松尾 政之 先生、加藤 博基 先生、金子 揚 先生、野田 佳史 先生、河合 信行 先生<br>岐阜大学医学部附属病院 放射線部<br> 井上 康弘 先生、三好 利治 先生
    Discovery CT 750HD GE
    釧路赤十字病院
    放射線科部 松浦 潤 先生、山岸 寿義 先生、小林 央 先生、木内 良次 先生 / 監修 近江 亮 先生、河合 典子 先生、鈴木 靖人 先生、藤田 安詞 先生
    Aquilion Prime SP Canon
    久留米大学病院
    久留米大学医学部放射線医学教室 田上 利佳 先生 / 久留米大学病院放射線部 鈴木 真 先生
    Revolution CT GE
    久留米大学病院
    久留米大学医学部放射線医学教室 近末 智雅 先生 / 久留米大学病院放射線部 黒木 英郁 先生
    Discovery CT750 HD GE
    昭和大学藤が丘病院
    放射線科 小竹 晃生 先生、堀 祐郎 先生
    Discovery CT750 HD GE
    京都桂病院
    放射線診断科 渡邉 幸香 先生
    Brilliance CT 64 Philips
    東京医科大学病院
    放射線科 有薗 英里 先生
    Revolution CT GE
    岩手医科大学附属病院
    放射線医学講座 折居 誠 先生 / 中央放射線部 上山 悠太 先生、佐々木 彰宣 先生、菊地 啓 先生、工藤 大和 先生
    Aquilion Precision Canon
    草津総合病院
    放射線技術部 岡田 裕貴 先生、前田 清澄 先生
    LightSpeed VCT Vision GE
    横浜南共済病院
    萩原 浩明 先生、小笠原 純 先生
    Aquilion ONE ViSION Edition Canon
    岐阜県立多治見病院
    放射線診断科 古池 亘 先生 / 中央放射線部 武市 将矢 先生
    SOMATOM Definition AS+ Siemens
    九州中央病院
    公立学校共済組合 日野 将吾 先生
    SOMATOM Definition AS Siemens
    市立横手病院
    診療放射線科 法花堂 学 先生 / 放射線科 泉 純一 先生
    IQon Spectral CT Philips
    茨城県立中央病院
    放射線技術科 山田 公治 先生
    SOMATOM Definition Flash Siemens
    九州大学大学院医学研究院
    分子イメージング・診断学講座 (現 東京女子医科大学 画像診断学・核医学講座) 長尾 充展 先生 / 臨床放射線科学分野 山崎 誘三 先生、本田 浩 先生
    Ingenia Philips
    茨城県立中央病院
    放射線技術科 山田 公治 先生
    Discovery CT750 HD GE
    京都府立医科大学
    放射線技術課 加藤 康雄 先生
    Ingenuity Core 64 Philips
    和歌山県立医科大学附属病院
    阪口 佳弘 先生
    Aquilion ONE Canon
    国保旭中央病院
    磯貝 純 先生
    Aquilion ONE Canon
    京都府立医科大学
    放射線技術課 大澤 透 先生
    Ingenuity Core 64 Philips
    京都府立医科大学
    放射線技術課 加藤 康雄 先生
    Aquilion ONE ViSION Edition Canon
    近畿大学医学部附属病院
    中西順子 先生
    Discovery CT750 HD GE